何度通院しても良くならない。
歯磨きをしてるのに虫歯ができる。
歯にコンプレックスがあって自然に笑えない。と
お悩みのあなたへ

なぜ「日本人の歯は汚い」と
言われるのでしょうか?

銀歯イメージ

銀歯が主流なのは日本だけ?

日本では一般的な銀歯。正確には「金銀パラジウム合金」と言いますが、見た目に悪いだけでなく、金属アレルギー反応を引き起こす可能性もあることから、海外ではあまり使われていません。実際、歯科先進国のスウェーデンやドイツではパラジウムの口腔内での使用が禁止されています。

 20本以上の歯を有する者の割合
平成28年歯科疾患実態調査結果(厚生労働省)より引用

日本人の歯の残存数は他国に比べて少ない?

例えば80歳前後の歯の残存数はスウェーデン人が20本、アメリカ人が17本というデータがありますが、日本人の歯の残存数は80~84歳で15.3 本、85歳からは平均10.7本と中高年以降、急速に歯を失っていく傾向にあります。
(ちなみに永久歯の歯の本数は28~32本です)

歯周病疾患の有病状況

日本人の8割が歯周病?

歯周病は口臭や歯の喪失原因のトップであるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞、心臓弁膜症などの原因になることがわかっていますが、日本人の歯周病患者とその予備軍の割合は、20代で約7割、30~50代で約8割、60代にな ると約9割にも及ぶと言われています。

「歯並びが悪くて、黄色くて、笑うと金属がチラッと見える」 これは、外国人が描く平均的な日本人のイメージだそうです。

日本人は、平均的に歯が大きく顎が小さいため、 歯並びが悪くなりやすい傾向にあります。 歯磨きをしっかりしたつもりでも、 磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすいのです。

なので、その分、外国の方より歯や口のケアを 日頃から時間をかけて丁寧にする必要があるのはもちろんですが、 治療する歯科医院にも丁寧かつ高度な治療技術が求められます。

ところが、日本の平均的な歯科治療技術は他の先進国と比べて決して高くはありません。 それどころか、、、

こんなことを思ったことはありませんか?

  1. 何回も通っているのに、いっこうに治療が進んでない気がする。
    いったい、いつまでかかるの?
  2. 今、どんな治療をしてるの?
    今、どうなってるの?なんで、こんなに時間がかかるの?
  3. この治療が本当にベストなの?
    他にもっといい方法はないの?

などなど、およそ親切で丁寧とはかけ離れた治療を受けている患者さんが少なくありません。

いったい、なぜでしょうか?

実は、その理由のひとつが、 歯の治療費の安さにあります。

日本の歯医者は安い。でも…

他の先進国に比べて、日本での歯の治療費は圧倒的に安く、アメリカの10分の1、スウェーデンの5分の1の費用で治療を受けることができます。

というのも、日本には「保険診療」という制度があり、 この制度を利用すれば治療費の7割を国が負担してくれるからですが、 国内の歯科医院のほとんどがこの保険診療制度を利用しています。

治療費の負担が少なくて済むので、その点で患者さんにとってはとても助かる制度だと言えますが、必ずしも良い面ばかりとも言えません。

保険診療のデメリット

01通う回数が多く再治療になりやすい

保険診療は治療費が安いため、 短時間でたくさんの患者さんを診ないと経営が成り立たなくなっ てしまいます。

利益を出すためには、1日で25人以上の患者さんが必要と言われており、患者さん一人一人にかける時間はどうしても短くなってしまいます。

その結果、丁寧に治療をするの が難しくなり、治療に通う回数が多くなるだけでなく、再治療の可能性も高くなります。そして、治療を繰り返すほど歯の状態は悪化していきます。

02材料や治療法に限りがあり適切な処置がしにくい

保険診療では、検査や治療内容が決まっていて、その範囲内で治療を行う必要があります。

なので、どんなに機能的にも見た目にも優れた材料や治療法があっても、保険診療の対象外であれば処置を行うことができません。

例えば、保険を適用しようと思えば、奥歯は金属の詰め物や被せ物にする場合がほとんどですが、歯を削る部分が大きくなるだけでなく、他の先進国では健康への配慮から使用が禁止されている材料が含まれている場合もあります。

03見た目にも違和感が出やすい

何度も治療を行って詰め物や銀歯などが増えてくると、自分の口の中を他人に見せることに抵抗を感じるようになる人は少なくありません。

また、再治療を繰り返すと、やがて歯を抜かなければならなくなりますが、保険診療のブリッジ や入れ歯では、見た目にどうしても違和感が出やすくなります。

残っている周りの歯にも負担がかかり、歯周病の進行や歯の破折などによって、ドミノ倒しのように歯の欠損が拡大していく恐れもあります。

誤解していただきたくないのですが、
「だから保険診療が悪い」と言いたいわけではありません。
治療費の負担が減ることは 患者さんにとって大きなメリットのひとつですし 良心的な歯医者さんも少なからずいらっしゃいます。
ただ、患者さんのことを第一に考え良心的な治療をしようとすればするほど、 経営が苦しくなるのもまた事実なのです。
また、保険診療によって
「歯医者は安い」「虫歯になれば歯医者に行けばいい」
という間違った認識が定着してしまった結果、
日本人の口腔ケアに対する意識や習慣は先進国の中でも最低レベルのままです。

いつまでも
自信を持って思いっきり笑いたい。
そして、若々しくいたいと思いませんか?

日本人の多くが勘違いしていますが、
歳を取れば歯が抜けて入れ歯になるのは決して自然なことではありません。
適切な治療とケアを行えば、 最期までキレイで健康な歯を保つことは
決して不可能なことではないのです。
ただ、従来の保険診療の範囲では、
患者さんごとに最適な治療とケアを行うことにどうしても限界があるのです。

そして、それこそが、アキモト・プライベート・デンタルオフィスが
自由診療に特化している最大の理由でもあるのです。

なぜ、自由診療なのか?

自由診療とは、健康保険などの公的医療保険が適用されない診療のことです。

それだけ聞くと、少し不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、逆に言えば保険診療制度の枠に縛られることなく、 一人一人の患者さんに合わせた診療を行うことができるということでもあります。

例えば…

時間をかけた
丁寧で確実な治療

保険診療とは違い、自由診療では治療費が固定されていません。
つまり、無理に数をこなす必要がないので、一人一人の患者さんにしっかり時間をかけながら、丁寧で確実な治療を行うことができます。

一人一人に合わせた
適切な治療

自由診療では、治療に使う材料や治療法にも制限がありません。
なので、一人一人の患者さんの症状や要望に合わせて、安全で適切な材料と治療法を選び、処置を行うことができます。

キレイで健康な歯を
保つための予防診療

虫歯や歯周病にならないようなケアをすることを「予防診療」と言いますが、保険診療では予防診療はできません。
自由診療であればキレイで健康な歯を保つための予防診療にも対応できます。

実は、アキモト・プライベート・デンタルオフィスには、
本職の歯医者さんが治療に訪れたり、横浜だけではなく、
東京や遠く大阪など県外からも治療に通われている方が少なくありません。
なぜでしょうか?

アキモト・プライベート・デンタルオフィスの
6つのこだわり

1

根本的な治療を
目指す徹底した検査

最初に徹底した精密検査を行うことで、問題の原因を追求。根本的な治療を行うことで再発防止を目指します。

2

患者さんごとに
最適化した治療プラン

検査結果とカウンセリングをもとに、患者さんごとに長期的な 歯の健康を考えた最適な治療プランをご提案します。

3

安心・安全を目指す
最先端の治療と設備

世界でも最先端の治療法や材料、設備を取り入れながら、安心・安全な治療を目指しています。

4

不安や疑問の
残らない丁寧な説明

顕微鏡で撮影した治療映像をお見せしながら治療や進捗について ご説明しますので、不安や疑問を抱くことなく、安心して治療を受けていただけます。

5

個別対応の
完全予約制

1日の診療人数は最大5人なので、あなたのライフスタイルに合わせた柔軟な予約が可能。時間がない方の短期集中治療にも対応します。

6

リラックスして
治療を受けられる快適な環境

ゲストハウスのような個室での治療なので、プライバシーが守られるだけでなく、リラックスしながら治療を受けていただけます。

詳しく見る

様々なお悩みやご要望に対応する豊富な診療科目

丁寧な治療を
求めている方へ

ご要望やご不満をお聞きしながら、あなたにぴったりの治療を行います。

十分なカウンセリング 歯科ドック 無痛治療
絶対入れ歯には
なりたくない方へ

入れ歯を防ぐために、現在の歯の状況に合わせた最適な治療法をご提案します。

歯周病治療 インプラント 虫歯治療
何度通っても
良くならない方へ

症状の最大の原因を特定し、根本的な治療を行います。

歯科ドック 根管治療 歯周病治療
歯医者さんに行くたびに
虫歯が見つかる方へ

あなた特有の虫歯リスクを評価した上で、それを考慮した治療を行います。

虫歯治療
歯の治療時の痛みが
苦手な方へ

麻酔のための麻酔をすることで、痛みを最大限に抑えた治療が可能です。

無痛治療
口臭が
心配な方へ

口臭の最大の原因である歯周病の治療を行います。

歯周病治療
歯の見た目が
気になる方へ

笑った時にキレイに見える口元と、長持ちすることを 目指した治療を行います。

矯正治療 審美治療

治療の流れ

STEP.1カウンセリング

STEP.2精密検査 (歯科ドック)

STEP.3検査結果の説明と治療方針のご相談

STEP.4治療の実施

STEP.5メンテナンス

詳しく見る

患者様の評価

法律の関係上、患者様の声をホームページに掲載することはできませんが、
Googleにて口コミでの評価をいただいていますので、こちらからご覧ください。

詳しく見る

歯の修理屋ではなく
歯の健康を守る専門家として
すべての患者さんにベストを尽くす

院長紹介へ

治療費について

「自由診療って高そう」 そんなイメージを持つ人は少なくありませんが、実際のところ、決して安くはありません。

ただ、ひとつ考えていただきたいのは何と比べて高い、あるいは安いと判断するかです。

もし、あなたが生涯を通じて最期まで健康でキレイな歯を残すことに真剣でそのことに大きな価値を感じているのであれば、決して高くはないと思われるでしょう。

逆に言えば、ご自分の歯や体の健康に真剣でないなら、当院の治療を受けてもその価値を感じていただくことは難しいでしょう。

当院では、治療全体にかかる費用は最初の時点で明確にお伝えし、よほど特別なことがない限りその範囲内で治療を行いますので、「いったいいくらかかるんだろう」と不安を抱えながら治療を続けるなんてことはありません。

お支払い方法に関しても、クレジットカードやデンタルローンを利用することで、長期での分割払いが可能です。

また、例えば治療工程を3期にわけて、今回はここまで、次はここまでといったように分割することで、できるだけ1回あたりの負担が少ない治療プランをご提案することもできます。

いずれにしても、「治療内容がその費用に値するものである」と納得いただけない限り治療を進めることはありませんので、まずは一度、簡易歯科ドックとカウンセリングを受けてみませんか?

※診療科目ごとの治療費の目安については、各診療科目のページをご参照ください。

まずは
簡易歯科ドックとカウンセリングを
受けてみませんか?

「歯科ドック」とは「人間ドックの歯科版」だと思っていただければわかりやすいでしょう。

あなたのお口の中を徹底的に検査して、問題とその原因、そして適切な治療法を選定していきます。

本来の「歯科ドック」では14の検査項目に基づいて精密検査を行いますが、「簡易歯科ドック」ではその検査項目をベーシックなものに絞ることで、短時間で、かつ費用を抑えながら気軽に受けていただけるようにしました。

この「簡易歯科ドック」に「カウンセリング」を組み合わせることで、

  1. あなたの抱えているお悩みの原因
  2. 当院で治療する場合の大まかな治療計画
  3. 従来の保険診療を受けた場合との未来比較
  4. 今、自覚症状はないけれど、将来起こる可能性のある潜在的な問題  (すべてではありません)

などがわかるようになります。

診療時間は60分程度、費用は6,000円(税別)と 時間的にも費用的にも大きな負担にならないように設定していますので、もし、あなたが歯や口のことでお困りのことがあるなら、あるいは、今まで何度も歯医者さんに通っているのに時間がかかるばかりで一向に良くならないなら、ぜひ、気軽に一度ご相談ください。